115三田会とは

「三田会」は塾員有志が自発的に集い、運営している慶應義塾ならではの同窓会組織の総称です。国内の大学同窓会の中では最も古い段階で発足しました。三田会には卒業年度による「年度三田会」、国内外の地域ごとに設けられた「地域三田会」、業界や企業単位で結成される「職域三田会」のほか、クラブ・サークル・ゼミ単位の「諸会」があります。

115三田会は、慶應義塾創立から115年目の1974年に卒業した約5,500名が卒業時に自動的に入会し、組織された同期会です。また、諸事により他年度の卒業になった方、入学はしたが卒業されなかった方でも、“115同期の意識”を感じていただいている方も広く参加いただいております。

115三田会のこれまでの主な活動と今後

毎年10月第3日曜日に開催される「連合三田会大会」は卒業40年、30年、20年、10年の各世代の三田会が大会運営の当番を務めます。私たち115三田会(1974年卒業)は、1984年、1994年、2004年、2014年に当番として、その成功に向けて取り組みました。このホームページは、2014年の当番を担当するにあたり開設されました。

2014年連合三田会大会の回顧はこちら>>

卒業25年となる1999年には、115三田会名簿作成と募金活動を実施。同年度の卒業式に招待され、その後大同窓会を開催し、1,000名を超える会員が集いました。

1999年卒業25年115三田会名簿作成と募金活動を実施いたしました。
また、同年度卒業式に招待されました。その後大同窓会が行われ、1,000名を超える会員が集いました。

卒業50年の2024年には、115三田会の全員が入学式に招待され、その後、再び大同窓会が予定されています。また、同年の連合三田会大会にも招待されます。

三田キャンパス南舘

ページトップ